×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人工授精の排卵コントロール法

排卵コントロール下での人工授精

排卵する時間を、薬の力で何月何日の何時頃と時間の単位までコントロールし、その時間に合わせ人工授精を行うものです。

 

排卵したての新鮮な卵子と精子が出合う分、妊娠率が高まるという考えです。
体外授精の時と同じですが、まずGn−RHアナログという薬を用い、脳下垂体から出るホルモンを止めます。

 

次にHMGを用い、卵胞を成長させます。
卵胞が一定の大きさになったら(直径18〜20mm)、排卵の準備ができたと判断されます。
そこでHCG注射を用いると(Gn−RHアナログは中止します)その時から34〜36時間後に排卵が起こります。
その時期を選んで人工授精を行う方法です。

 

この方法は卵胞がたくさんできることがあるため多胎妊娠の可能性が出てきます。
また排卵の後に卵巣過剰刺激を起こすことがありますので、主治医とよく相談してから治療を開始しましょう。

 

またHMGやGn−RHアナログを用いるため、やや費用がかかります。

人工授精の排卵コントロール法関連エントリー

人工授精の確率
あなたもこれで自然妊娠できます。
子宮卵管造影検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
ホルモン検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
精液検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
人工授精が進められるとき
人工授精が進められる場合はどんな時なのでしょうか?
人工授精の効率のよさとは?
 
人工授精(AIH、IUI)の方法
人工授精の方法は自宅や病院で精子を採取し、洗浄法などで準備後、子宮内に送り込まれます。
人工授精のタイミングとは?
人工授精のタイミングはタイミングが重要です。自然の排卵のタイミングで行う時もありますが、多くは排卵誘発剤を用います。
人工授精の排卵コントロール法
排卵する時間を、薬の力で何月何日の何時頃と時間の単位までコントロールし、その時間に合わせ人工授精を行うものです。
人工授精は何回まで行うのか?
多くの治療成績を見ると早い段階での人工授精で妊娠する人が多いようです。 3回目位までは妊娠率が5%位ずつ上昇します・その後は少しづつです。