×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

人工授精の効率の良さ

なぜ人工授精は普通の妊娠より効率が良いと考えられているのでしょうか?

 

たくさんの精子が膣内に出ても、卵管の中の卵子の周りに到着できる精子は少ないと考えられています。

 

一般的には、腱内に数千万〜1億程度の精子が出ても、卵管内の卵子の周りにたどり着けるのは数十〜数百匹と考えられています。

 

こうした精子のロスを防ぐために排卵のちょうどよい時を選んで、子宮内に精子を送りこむことを人工授精といいます。

 

自然の夫婦生活に比べると格段に多くの精子が卵の周りに送り込まれるために、妊娠率がそれだけ高くなると考えられています。

人工授精の効率のよさとは?関連エントリー

人工授精の確率
あなたもこれで自然妊娠できます。
子宮卵管造影検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
ホルモン検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
精液検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
人工授精が進められるとき
人工授精が進められる場合はどんな時なのでしょうか?
人工授精の効率のよさとは?
 
人工授精(AIH、IUI)の方法
人工授精の方法は自宅や病院で精子を採取し、洗浄法などで準備後、子宮内に送り込まれます。
人工授精のタイミングとは?
人工授精のタイミングはタイミングが重要です。自然の排卵のタイミングで行う時もありますが、多くは排卵誘発剤を用います。
人工授精の排卵コントロール法
排卵する時間を、薬の力で何月何日の何時頃と時間の単位までコントロールし、その時間に合わせ人工授精を行うものです。
人工授精は何回まで行うのか?
多くの治療成績を見ると早い段階での人工授精で妊娠する人が多いようです。 3回目位までは妊娠率が5%位ずつ上昇します・その後は少しづつです。