×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

精液検査

女性側に欠かせない検査が子宮卵管造影検査なら、男性側に欠かせない検査は精液検査です
不妊の原因は、女性側に原因がある場合と、男性側に原因がある場合とがだいたい半々。
そう考えた場合、男性側が検査を受けることがいかに大切かということが、おわかりいただけると思います。

 

それに、女性側が検査をしだすと次から次へときりがないのに対し、男性側の検査は、精液検査ひとつきりで、これを受けさえすれば、ほぼ後は出番なし″ ということになります。
しかも、この精液検査、医療機関によっては、検査を受けたその日のうちに異常の「ある/なし」がはっきりとわかるのです。

 

ただ、このように1回きりの簡単な検査で済むのにもかかわらず、男性のなかには、精液検査を受けることに対して抵抗を感じている人が、まだまだ少なくないようです。

 

しかし、子供がほしいと切に望んでいるのならば、この検査は男性が通らねばならない道と考えましょう。

 

もし、男性が婦人科のドアをノックするのに気後れを感じるというのであれば、精液検査は泌尿器科でも受けることができます

 

「妊娠力」というのはカップルふたりで育むものです。

 

男性と女性とが互いにその力を出し合い、互いに慈しみ合ってこそ、妊娠力が高められるのです。

 

ぜひ、そのことを心にとめて、男性の側もしっかりと自分がやるべきことを自覚してほしいものです。

精液検査関連エントリー

人工授精の確率
あなたもこれで自然妊娠できます。
子宮卵管造影検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
ホルモン検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
精液検査
あなたもこれで自然妊娠できます。
人工授精が進められるとき
人工授精が進められる場合はどんな時なのでしょうか?
人工授精の効率のよさとは?
 
人工授精(AIH、IUI)の方法
人工授精の方法は自宅や病院で精子を採取し、洗浄法などで準備後、子宮内に送り込まれます。
人工授精のタイミングとは?
人工授精のタイミングはタイミングが重要です。自然の排卵のタイミングで行う時もありますが、多くは排卵誘発剤を用います。
人工授精の排卵コントロール法
排卵する時間を、薬の力で何月何日の何時頃と時間の単位までコントロールし、その時間に合わせ人工授精を行うものです。
人工授精は何回まで行うのか?
多くの治療成績を見ると早い段階での人工授精で妊娠する人が多いようです。 3回目位までは妊娠率が5%位ずつ上昇します・その後は少しづつです。