×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

排卵誘発剤の副作用,双子,内服薬,

排卵誘発剤 内服薬の副作用について

内服薬の最大の副作用は多胎妊娠です。
排卵誘発剤を用いないで自然に妊娠した場合、双胎ができる確率は約1・3%と考えられていますが、内服薬では約5%になると想定されています。

 

卵巣過剰刺激が起こる可能性もあると考えられています。
しかし、注射薬に比べるとはるかに確率は低く、仮に起こっても程度は軽いと考えられています。

 

その他
  • 発疹が出る時があります。
  • 妊娠した可能性がある時は薬を使ってはいけません。

排卵誘発剤の副作用関連エントリー

そもそも不妊とは?
あなたもこれで自然妊娠できます。
妊娠しやすい日はいつ?
妊娠しやすい日は排卵の直前くらいから1〜2日おいて2〜3回位夫婦生活をするほうが3倍は高くなるといわれています。
排卵誘発剤を使う方法
排卵誘発剤は「何を」、「いつ頃から」、「どのくらい」使用するかは、個々の症状で異なります。医師とよく相談しましょう。
排卵誘発剤の種類
排卵誘発剤は大きく分けて2種類あります。l つは内服する薬、1 つは注射薬です。シクロフェニル剤とクロミフェン剤です。
排卵誘発剤の副作用
排卵誘発剤の内服薬の最大の副作用は多胎妊娠です。双子の出来る確率は5%と高いです。